イチゴカラーブログイチゴカラーブログ

ラクトンカラーMahogany白髪染め

三重四日市ラクトンカラー講習会レポートです。

170908_01.jpg

モデルさんはこの日のためにヘアカラーを我慢されていました。
ラクトンカラーをどのように受け止められているのか少々不安がよぎりました。
ジアミン(酸化染料配合)ヘアカラーと比較され、
或いは同等の染まりを期待されてはいまいか?

ノンジアミンヘアカラーを望まれる理由があるや否や、それが問題です。
「ジアミン類は便利悪です。」染まりや色持ち、操作性には定評があります。
取り扱う側にはとても便利な染料なのです。

ラクトンカラーなどカラートリートメント類は毎日少しずつ色落ちします。
ジアミン類と比べると褪色が早く感じます。
これは直接染料であるためしかたのないことなのです。

アレルギーが無ければ、ジアミン配合カラーの頭皮に付けない
ZEROタッチの方が向いているかもしれません。

お客様のヘアカラーに対しての考え方、染める頻度、さまざまな情報を
インプットし、アウトプットするようにカウンセリングやインフォームドコンセントを
大切にして頂きたいと願っております。

170908_02.jpg

既染部分へのトーンダウンを兼ねたラクトンカラートリートメントは染料濃度はおよそ30%
希釈する際に使用している「ヒートローション」はエルカラクトン配合で高いトリートメント効果を発揮します。以前ブログでは水でも代用可能としていましたが、その差は歴然としています。

170908_03.jpg

170908_04.jpg

170908_05.jpg

ラクトンカラー臨店講習会を承ります。
お申し込みはメールにて

今日もご覧頂きまして有り難うございます。

上へ戻る