イチゴカラーブログイチゴカラーブログ

ラクトンカラー明るさ12レベル

東京世田谷区用賀 美容室.half ラクトンカラー講習会レポートです。(二回に分けてお伝えします。)

先ずはこちらをご覧ください。

171020_01.png

通常のヘアカラー剤はLT成分(アルカリ剤)の量で明るさに変化を持たせています。
6レベルより7レベルの方がLT成分が多く、9レベルはもっと多く含まれています。
ラクトンカラーは6%OXY(酸性)を加える量で明るさを変えると考えると理解が早いと思います。
上図は従来型1:1配合のアルカリヘアカラーの塗布量、塗布方法と同じ施術方法で
尚且つ、自然放置30分でのアンダーレベルの明るさを示しています。

イチゴカラー講習会に於いて20:1クリアカラーをご存知の方々は、よくお分かり頂けると思います。
ラクトンカラーのアルカリ剤(アンモニア)の配合量は極僅かです。

これを目安に、その後のステップアップは塗布量(増粘剤による粘性調整を含む)温度(加温)時間で調整する方法と移行できると思います。

例えばラクトン1:5 6%oxyであってもタップリ塗布し、加温することで
1:1同等以上にリフトさせることが可能です。

171020_02.png

上図:加えてこのことも理解する必要があります。
                               つづく・・・


今日もご覧頂きまして有り難うございます。

上へ戻る