イチゴカラーブログイチゴカラーブログ

国内No.1明るく染まる白髪染め。

モデルさんは60代です。
「明るいのが好きです。明るく染めてください。」
とリクエストされました。

171118_01.jpg

表面はダメージを伴い褪色し、明るくなっていました。

さて、私はヘナの伝道師を兼任してますが、白髪染めをすべてヘナ&ハーブカラーで
行うことが出来るとは思っていません。不可能だと思います。

お客様には様々ニーズがあります。
大切なメニューの一つではありますが、全てではないと考えています。

ジアミン類(酸化染毛料)を含むアルカリヘアカラーの存在は
1863年ドイツのホフマンさんによるパラフェニレンジアミンの発見より
154年もの長きに渡って使い続けてきた歴史があります。

それは消費者のニーズです。

私はジアミン類を「便利悪」と度々表現しています。
色持ちがよく、短時間にしっかり染まります。酸化重合発色です。

さて、そのアルカリヘアカラーの中でも最もジアミン類が少ないのが
イチゴカラーのNB8+です。故に最も明るく染まることの証明にもなります。
このことが分かっている方は理美容師さんの中でも極僅かでしょう。
この件に関しては「イチゴカラーの講習会の際に質問して下さい。」

国内でもっとも白髪を明るく染めることが出来るのがイチゴラーのNB8+です。

今回のモデルさんでブログをご覧の皆さんにしっかりとお伝えしたいと思います。

今回は根元の新生部分+暗い部分へNB8+を塗布し
続いて既染部分へはHQヘナを塗布し自然放置30分としました。

白髪をしっかり染めるためのポイントは・・・
①塗布量多め
②スライス薄め
③時間は長め(NB8+を45~60分放置で9~10レベル程度に明るくなります。)
長く放置する場合は「頭皮に付けないZEROタッチが基本です。」
今回は分け目とフェイスラインは頭皮に付けましたが、それ以外はZEROタッチとしました。

171118_02.jpg

171118_03.jpg

171118_04.jpg

171118_05.jpg

171118_06.jpg

モデルさんにとても喜んで頂きました。  It's my pleasure.


今日もご覧頂きまして有り難うございます。

上へ戻る