イチゴカラーブログイチゴカラーブログ

ラクトンカラーBK+Mah

岐阜羽島イチゴ&ラクトンカラー講習会レポート

モデルさんはサロンオーナーです。
自らモデルを志願されました。

180804_01.jpg

180804_02.jpg

180804_03.jpg

パラフェニレンジアミン(PPD)は1863年、ドイツのホフマン氏により発見されました。
以来、156年間使い続けられています。私は「便利悪」と表現しています。また、ガソリンと同じと考えています。
車の燃料であるガソリンは有限の化石燃料、しかも、排気ガスは地球温暖化の原因でもある。
健康も害する。排気ガスは殺人ガスでもあります。地球環境や身体に悪影響があるにも関わらず使い続けられています。
これも便利悪です。世界で初めてガソリン自動車が走ったのが1885年といわれています。

PPDはとても便利です。短時間で白髪を真っ黒に染めてくれるのですから、しかも、酸化重合という仕組みで殆ど褪色しません。永久染料なのです。

ラクトンカラーに配合されている染料は塩基性染料、HC染料、共に直接染料のため酸化重合のように毛髪内部で膨らんだりしません。PPDと比較し「染まりの観点」から見ると物足りないかもしれませんが感作性が低く、ジアミンアレルギーの方でも使用可能です。(パッチテスト必須)

今回は3店舗合同でそれぞれのサロンオーナーさんがラクトンカラーの染まりを見てみたいということで白髪率を考慮しBK1:Mah1:6%OX1の調合です。つまり、ラクトンカラー1:0.5 6%OXです。

180804_04.jpg

180804_05.jpg

180804_06.jpg

180804_07.jpg

頭皮の染料が残り気味ですがシャンプーの際にしっかり指を通すことで気にならない程度に落とすことが出来ます。今回の1:0.5の色持ちは2~3週間程度、シャンプーの環境の違いでその差は大きく、マイルドなシャンプーで一ヶ月ほど持続するとの報告もあります。

今日もご覧頂きまして有り難うございます。

上へ戻る