ホーム > 商品情報 > コールド

コールド

Sara Warra(サラウォーラ)コールドウェーブローション

健康毛からハイダメージ毛にまで幅広く対応できる3タイプのコールドウェーブローションです。

コールドウェーブローションN(チオタイプ)

写真:コールドウェーブローションN(チオタイプ)

市販されている低価格のチオタイプはにおいが強く、仕上がりの後の手触りに不満がありました。
ニオイ・仕上がりの感触・艶も良好です。

5人用1/2液 各400ml
(過酸化水素2液使用)
1液:Ph8.8
2液:Ph3.2

コールドウェーブローションCYS(シスタイプ)

写真:コールドウェーブローションCYS(シスタイプ)

チオ含有量を1%に抑えた、システインコールド。
従来の「システインコールド」では、ウェーブのリッジが出ない、かかりにくい等の問題がありました。
これらの問題を解決し、しかも特に強損傷毛に対応できるシステインコールドです。

5人用1/2液 各400ml
(過酸化水素2液使用)
1液:Ph8.9
2液:Ph3.2

コールドウェーブローションCYS-23(純シスタイプ)

写真:コールドウェーブローションCYS-23(純シスタイプ)

ダメージヘアー対応ワインディングローション。
ストレートパーマや縮毛矯正後のウェーブはこれまで困難でした。
特有のジャリジャリ感、パサパサ感。濡れている時にはウェーブが形成されていても乾かすと無くなってしまう。くし通りが悪くなる、艶がなくなる、これらの問題点をやっと解決することが出来ました。

5人用1/2液 各400ml
(臭素塩酸2液使用)
1液:Ph8.6
2液:Ph6.7

基本プロセス

  1. 毛髪診断(カウンセリング)
  2. 損傷部分へ前処理
    (N)は普通毛・健康毛に最適なノーマルタイプ。前処理の際、特別に気を使いそうな損傷毛・損傷部分へはCYSを使用。
  3. ワインディング
    ワインディングを行い(N)ローション1剤を塗布してください。塗布量は80ml(ショート)が目安です。
    ※ロッドの回転数が多い場合・かかりにくい毛質の場合はつけ巻きを行ってください。
  4. 加温or自然放置
    加温して10~15分放置してください。
  5. テストカール
    かかりが緩い場合は時間延長または1剤再塗布
    ※中間酸リンス・TGストップ・PHバランス等の酸リンスは必要ありません。
    CYS-23の2液(臭素塩酸)を使用する際は、中間酸リンスが必要となります。
  6. (N)ローション2液塗布
    5分+5分の2度付けを行ってください。
  7. ロッドアウト
    ロッドアウト後、(N)2剤を全体に再塗布します。(もみ込む)
  8. お流し
    しっかりと洗い流し、寝たままの状態でトリートメントを塗布。2~3分放置して、その後洗い流してください。
  9. 仕上げ
    希望のスタイルに仕上げを行ってください。

ご購入・お問い合わせ

サロン会員の方はこちらからどうぞ。

サロン様オンラインショップ

お問い合わせ

ページトップへ戻る

エムテック有限会社 〒842-0122 佐賀県神埼市神埼町城原1373 Tel.0952-53-4489 Fax.0952-53-5882

Copyright (c) 2005-2017 M-TECH COMPANY Ltd. All rights reserved.